日本の大型連休といえば、5月のゴールデンウィーク、8月のお盆休み、そして年末年始の正月休みですね。

いよいよ8月のお盆休みがやってきます。

せっかくの長期のお休み、帰省して親族縁者とすごしたり、海外旅行や国内旅行に出かけたり、近場で過ごすとか、楽しみ方は人それぞれです。

ホテルやフライトの予約なども含めて、今からでも早すぎるということはありませんので、計画を立てて有意義に過ごしたいものです。

ずばり、2016年のお盆休みは、最大でいつからいつまで取れそうでしょうか?

一般の会社員・企業を想定して語りたいと思います。

     
     
     
     
     
スポンサードリンク

     
     
     
     
      

お盆になると御先祖様をまつるために日本民族が大移動します。

「お盆」は、8月15日を指す場合もあります。

通常、「お盆」は8月13日(ご先祖様を家にお迎えする)から、8月16日(ご先祖様をお送りする)までを言います。

昔からこの時期は国民の休日はありませんが、多くの人たちは休日にしてます。

会社も学校も休みです。

つい最近、新しく祝日が生まれました。

今年2016年から新たに制定された国民の祝日は「 山の日 」で、8月11日です。

「 山の日 」は「山に親しみ感謝する日」が由来です。

ちなみに「海の日」というのもあり、毎年7月の第3月曜日と決まってます。
(2016年の「海の日」は7月18日の月曜日です。)

一般の会社は、この時期、社員が一斉にお休みをとれるよう「一斉年休」を付けます。

また、さらに「計画年休」を促進し、余裕のあるお盆休みを取れるよう配慮しています。

以上を総合してカレンダーを俯瞰してみましょう。

2016年8月お盆休み

これはあくまで、休みがどれだけとれるんだという観点で分かり易くしたカレンダーです。

(1)計画年休を前半に取る人は、8月6日から17日までが休みが取れます。(計12日間)

(2)計画年休を後半の18・19日に選んだ人は10日から21日まで休みが取れますね。(計12日間)

(3)さらに、計画年休と普通の年休を入れれば、6日から21日までが休みとなります。(計16日間)

16日間も休みを取ると、計画を綿密に立てないと毎日何をしていいか分からなくなります。

誰とは言いませんが、毎日クーラーの効いた部屋で高校野球をテレビ観戦してのんびり過ごして、お休みなんだからいいかと自分に言い聞かせて日々を送っている人もいるかと。

以上、お休みについて、あくまで可能性の話ですがご参考としてください。

     
     
     
     
     
スポンサードリンク

     
     
     
     
      

8月6日土曜日から8月21日の日曜日まで最大で16日間は取ることも可能です。

前半を取る方、後半を取る方、全部取る方、いずれにしてもせっかくの長期のお休みなので、計画を立てて有意義に楽しみましょう。

海外とお付き合い有りますので分かりますが、ざっくりした言い方ですが欧米系の人たちは1か月近く簡単に休暇をとります。

オンとオフをうまく使い分けていますね。

日本人も彼らを見習い、人生をエンジョイするという角度から、お休みを上手に生かしたいと思います。