敬老の日2016年はいつ? 意味や由来も解説します!

今年2016年の「敬老の日」は9月19日の月曜日です。
昨年2015年は9月21日でした。
来年2017年は9月18日となります。

2000年と2003年の法改正によるハッピーマンデー制度の採用で、毎年9月の第三月曜日となります。
ハッピーマンデー制度とは、土曜・日曜に加え月曜日を休日とし3連休にしようという制度で、休日を有意義に過ごすこと、これにより観光業の活性化につなげたいという趣旨で施行されました.

ハッピーマンデー制度の実施事例として、1月第二月曜日を祝日とする「成人の日」、7月第三月曜日とする「海の日」、9月第三月曜日を祝日する「敬老の日」、10月第二月曜日を祝日する「体育の日」と、合計4つあります。
     
    
    
roujin_family
     
    
      
ところで、昔は「老人の日」といった記憶がある方も多いのでは?
そもそも「敬老の日」と「老人の日」、いつどうして切り替わったのでしょうか?

実は「老人の日」は今でもあり。9月15日と定まっており、休日ではありません。
さらに、15日から一週間は「老人週間」となっています。

9月15日       「老人の日」 普通日(土日ならば休日)
9月 第三月曜日    「敬老の日」 祝日
9月15日‐21日    「老人週間

つまり、9月の真ん中あたりは、これまで頑張ってきたお年寄りに敬意を表し感謝をしましょう、という日本の全国イベントであるわけです。
     
     
     
     
     
スポンサードリンク

     
     
     
     
      
老人を敬う、素晴らしいイベントですね。
お隣さんやご近所さん、年配の方がたくさんいらっしゃいます。
一昔前までは、確実にご老人だった年齢層が、現代の日本では65歳以上が4人に一人となり世界に類を見ない超高齢化社会となりました。
でも、みなさん、とにかく元気で若い!
私も人生なかばをかなり過ぎたくらいですが、まだまだ若いつもりです。
お年寄り、ご老人・・・って具体的にどのくらいをいうのでしょうか?
親切心でお声掛けしたのに、まだ若いのにと逆に不快感を与えたりしないでしょうか?と少しご心配になられる方もいるのかと思います。
そこは、お国がしっかり定めていました。
     
     
    
title_keiroukai
     
    
  
これまで述べた「老人の日」「老人週間」は誰かが勝手に決めたものではなく、国の「老人福祉法」に基づくものです。
その「老人福祉法」でしっかり対象を決めているのです!
その対象者は65歳以上です。
ただ「敬老の日」は「祝日法」で定められたもので対象年齢は決まっておりません。

65歳以上を敬う  「老人の日」 9月15日      普通日(土日ならば休日)
65歳以上を敬う  「老人週間」 9月15日―21日  祝日ではありません
ご老人を敬う    「敬老の日」 9月 第三月曜日   祝日
     
     
     
     
     
スポンサードリンク

     
     
     
     
      
土曜・日曜・月曜が3連休になる「敬老の日」にからめて「おじちゃん」「おばあちゃん」に感謝する方が多いと思います。
ご老人に感謝を申し上げると言いますけど、ご老人のなにを基準にすればいいのか?というのがあります。
そのさい、40・50歳代でもお孫さんがいる方も多いでしょうが、40・50歳代で「おじちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれるのはちょっとという感じではないでしょうか?
今の高齢社会で40・50代は現役バリバリの若い世代です。
ですから、だいたいの感じで、60歳を越えれば「おじちゃん」「おばあちゃん」として感謝されてもいいのかなあと思います。

ぜひ、このような素晴らしい日を感謝の気持ちで過ごしていきたいと思います。
    
    
    
こちらの記事もどうぞ!  敬老の日に贈りたい 2016年 人気のプレゼント ランキング

スポンサードリンク

コメントを残す