七夕の由来、織姫と彦星が一年に一回出会う日に歌おう!

7月7日の夜は、七夕ですね。

昨年も今年も来年もずっと、7月7日が七夕です。

織姫「おりひめ」と彦星「ひこぼし」が一年に一回出会う日です。

orihime_hikoboshi_bg

天の神様(天帝)が愛のキューピットになって、「おりひめ」に「ひこぼし」を引き合わせたところ、すっかりお互いに好きになってしまいました。

ところが、仕事が手につかない状態になり、
「おりひめ」(機織りのプロ)は得意の機織りをしなくなり、
「ひこぼし」(牛使いのプロ)は畑仕事をしなくなってしまいました。

「こりゃあかん」と天の神様(天帝)はお怒りになって、二人を無理やり別れさせたところ(別居結婚)、
「おりひめ」は泣いてばかり、
「ひこぼし」は病気なる始末。

それを不憫に思った天の神様(天帝)は天の川で出合えるようにして、一年に一度だけ出会い(逢瀬)を許してあげるのでした。

その日が7月7日の夜です。

喜んだ二人は、
「おりひめ」は一生懸命機(はた)を織り、
「ひこぼし」は一生懸命畑つくりに励みましたとさ。
     
     
     
     
     
スポンサードリンク

     
     
     
     
      

でも、どうして、「たなばた」(七夕)って言うんでしょうね。

七夕が、「たなばた」って結びつかないですね。

個人的には、「な」は「七」、「た」は「夕」を連想するので、かろうじて読めますが。。(2文字しかあってません)

別の言い方で、「しちせき」とは呼ぶらしいですが、こちらのほうが漢字の呼び方としてはしっくりしますね。

「しちせき」なんて呼び方はよほど薀蓄(うんちく)のある方以外は使いませんが。

「たなばた」は棚機(たなばた)という織り機から来ています。

昔の日本では、織り機で織った着物を棚(たな)にお供えして神様に祈ったそうです。

その「たなばた」から来たという由来です。

     
     
     
     
     
スポンサードリンク

     
     
     
     
      

小さいころ笹の葉(ささのは)に願い事を書いて、短冊(たんざく)を飾っていたのを覚えてます。

笹の葉は縁(ふち)が細く鋭いため、ぎざぎざの鋸(のこぎり)になって、その当時まだ柔らかくかわいらしい指や足は、しょっちゅう笹の葉で切れて痛めました。

じんじんするような痛さで、けっこう時間がたっても痛かったのを憶えています。

自分の唾で治してましたよ。

今の子供たちってこんな経験あるのかなあ。

薄い紙で手を切るのはありそうなので、そういえば実感できるかも。

ところで、笹の葉ってパンダが大好きですね。

口切らないかしら?!

tanabata_panda_couple

ささのは さらさら

のきば(軒端)に ゆれる

おほしさま きらきら

きん ぎん すなご(砂子)

ごしき(五色)の たんざく

わたしが かいた

お星さま きらきら

空から みてる

「たなばたさま」の歌です。

メロディーはまだ頭に残ってました。

童心に戻って歌いましょう。
  
  
   
さて今年は何を祈りましょう。
    
    
    
こちらの記事もどうぞ!  2016年三大七夕祭り 平塚七夕祭り 仙台七夕祭り 一宮七夕祭り

スポンサードリンク

コメントを残す